ホーム> ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャーポリシー

1.情報開示基準について
リズム時計工業株式会社(以下、「当社」という。)は、社訓にある「明朗協調(和)の精神」-日々のコミュニケーションを大切にし、活力ある企業風土を築く-のもと、法令を順守すること、高い倫理観をもって企業活動を行うことに加え、株主・投資家、地域社会をはじめとしたステークホルダーの当社への理解を深め、適切適正に評価していただくため、当社グループに関する情報(財務的・社会的・環境的側面の情報を含む。)を公正、適時、適切に開示を行ってまいります。金融商品取引法等の関係法令、当社株式が上場されている東京証券取引所の諸規則で規定されている情報のほか、当社が有用と考える情報を公開いたします。
2.情報開示の方法
証券取引所の適時開示規則に該当する情報に関しては、同規則に従い、東京証券取引所の提供する情報開示ネットワークシステム(TD-NET)にて公開いたします。また、当社ホームページには、TD-NET開示後速やかに掲載することとします。
ただし、ファイルの準備の都合等で掲載が遅れることがあります。
3.内部情報管理(インサイダー取引の未然防止)
当社は重要事実の公表ならびに内部情報の管理等についての指針を定め、インサイダー取引に関する社内規程を設けております。さらに、インサイダー取引の未然防止・情報管理の運用を徹底するため、適時役員および社員への教育にも注力しております。
4.情報使用上の注意
当社が開示する情報のなかには、過去または現在の事実に関するものに加え、当社の仮定および判断に基づく「将来の予想に関する記述」が含まれております。この将来の予想に関する記述は、いずれも現在入手可能な情報を基に当社が独自に判断したものであり、不確実性やリスクを含んでいることをご承知おきください。
また、開示時期等により、他の開示情報とは異なった表現の仕方をしている場合があることを十分ご理解のうえご利用いただきますようお願いいたします。
5.沈黙期間について
株価に影響を与える情報の漏えいを防ぎ、株主・投資家の皆様への公平性を確保するため、当社では決算期の翌日から決算発表日までを沈黙期間として設定しております。この期間は、決算に関する皆様からの問い合わせへの回答を差し控えさせていただきますのでご了承ください。ただし、この沈黙期間に業績予想の大きくかい離することが見込まれる場合には、適時開示規則に従い適時公表することとします。
以上

ページのトップに戻る